降れば土砂降り

万年肩こり。読書と映画と語学が大好き。着物について勉強中。

やっぱり正絹の伊達締めがほしい

わたしは3〜4年ペースで趣味がころころ変わったり、増えたりする。その都度、道具をいちから揃えるのだけれど、最初は「あんまり長くやらないかもしれないし...」といちばん安いのを買って、結局それでは物足りないということで上位品を買い直しということ…

着付け教室に通い始めました

出来心で着付け教室に通うことになりました。 いくつか教室の見学をしたり、電話で問い合わせしたりして、いちばんビビッと来た教室です。

年度末

花粉症がピークで頭がぼんやりするけれど、それでも桜は咲いている。 目が痒くて涙が止まらないけれど、桜が綺麗なのはちゃんと見える。

「これだけで」肩こりを治す本あれこれ

巷には肩こり(腰痛もろもろ)を治すための本が溢れている。 ちょっと大きめの書店に行って、「健康」のカテゴリの棚を見ていたらめまいがするくらい。

ブロック注射継続中

星状神経節ブロック注射を週一回のペースで続けて、2ヶ月めに入った。 寒さが和らいできたのもあると思うけれど、かなり良い感じに効いてきている。 痛みはあるけれど、どうにもならない鈍痛・疼痛が朝から晩まで続いて気が滅入ってなにもできなくなる...と…

ブロック注射してきた

頸椎症の調子がなかなか良くならないので、久しぶりに「星状神経節ブロック注射」をしてもらいに行ってきた。 首・肩の慢性痛とのお付き合いも10年近くなると、今の痛みは薬が効くのか、鍼か、ブロック注射かだいたい分かるようになってきた。年明けからの痛…

仕事が来た!

翻訳の仕事が来た。実に何年ぶり...というのもわからないくらい久しぶり。翻訳者の登録サイトに名前は出しているけれど、ほぼ開店休業でいたので、ものすごく驚いた。

【翻訳】ぼくのヒーロー by ポール・グレアム

ジョブズが亡くなってあっという間に6年が経った今、このエッセイの「スティーブ・ジョブズ」の項目を読むと、胸に迫るものがある。半ば神格化された感のある「ジョブズの本質」について、グレアムの表現がもっとも的確だと思う。

イッツ・ア・スモール・ワールド

仕事のために、普段なら手を出さないタイプの本を読んでいる(タイトルと本の名前は関係ありません、念のため)。陰謀論のたぐいである。トンデモ本というやつ。 「世界は○○に支配されていて、我々は奴隷だ!」

ネット銀行に新しく口座をつくりました

お金の管理をなるべく複雑にしたくなくて(ものをよく失くすし忘れるし)、ネット銀行は長らくソニー銀行だけを使ってきたのですが、このたび住信SBIネット銀行に口座開設の申し込みをしました。 ソニー銀行を気に入っていた大きな理由は、「ほしいもの貯金…

【翻訳】マイクロソフトは死んだ by ポール・グレアム

アメリカの有名なベンチャー投資家、ポール・グレアムのエッセイが面白いのです。 そのなかでもお気に入りの『マイクロソフトは死んだ』を翻訳してみました。 *彼の文章は著作権フリーです。念のため。