緑の光線

映画や本の感想、語学の勉強にまつわる備忘録です。

『緑の光線』

お題「ブログ名・ハンドル名の由来」

ブログ名は、フランスの映画監督エリック・ロメールの作品『緑の光線』から。


ロメールなんて観る人は、もうあんまりいないんだろうな(わたしもかれこれ観てないけど)。
彼の作品に出てくる女性たちはみな、かなりイタい。あの、いったいその上から目線はどっから来るの? そして仕事や男関係、思い切り失敗してるけどぜんぜん反省ないよね? てな「ロメール女子」は実に見ていて面白い。
面白いなんて言えるのは、もう自分が当事者じゃなくなったからですが(苦笑)。

ヌーヴェル・ヴァーグから80年代にピークがあったような気がするけど、女性たちの心情や行動は、今も全く色褪せないと思う。
ロメールはああいう厄介な女の子が好きだったんだろうか。トリュフォーが、脚線美の大女を愛したように。