降れば土砂降り

読書、語学および常に失調している自律神経について

【ブックレビュー】インスタグラムのような旅行本

ページ開いてすぐに頭に浮かんだのが「インスタばえ」という言葉でした。

世界各国の朝市、蚤の市を写真付きで紹介したオシャレ〜な旅行の本なんだけど、これ絶対みんな現地でスマホ構えてるよな...。行ったら、写真撮るほうに熱中しそうだよな...。

世界の美しい市場

世界の美しい市場

そう思ってよくよく見たら、いました、写真の中にスマホ構えている人が!
ていうか、むしろ自撮りしてる人の写りこんでない写真を選別するの大変だっただろうなと思う。

今のSNSの隆盛がなかったら、この本を眺めてあちこち旅行する夢想に純粋に浸れたかもしれません。
インスタはまったく罪作りだな。世間もわたしも汚れちまったよ...。

でも、こういった特別な「市場」でなくても、外国のスーパーマーケットは面白い。
日本でも輸入雑貨のお店や、それこそコストコでそれなりに「外国の雰囲気」は味わえるようになったけど、そこに並べてあるのはあくまで、日本で売れるだろうというマーケティングの選別を経たものだし。

でもとにかく写真が美しくて、画集を見てるみたい。久しぶりに海外を旅したい気持ちをかきたてられました。