降れば土砂降り

読書、語学および常に失調している自律神経について

【ブックレビュー】あの、グーグル・アドセンスってそんなに儲かるのですか?

WEBライティングの仕事で、このところアドセンスブログを運営されている個人からの問い合わせが、目に見えて増えてきた。

わたしが多く書いているのは、ライフハック系ニュースメディア、女性向け美容・恋愛系メディア。
規模は小さくても必ず複数名のスタッフで回している。
そしておおむね、報酬は1記事単価が1000円を切る。

ところが! アドセンスブログ運営者からの依頼は1記事で1000円以下を提示されたことがない。
2000円近い金額を言われたこともある。

わたしの記事の質が良いわけではなく(お値段なりのクオリティです)、自慢できるほどスピードがあるわけでもない。
素人に限りなく近いセミプロに高報酬を出せる理由はなんなんだ? 

そんなに儲かるの??? と、お客さんに問いたいが、恥ずかしくてそんなの聞けるわけがありません...。

増補改訂版 グーグル・アドセンスの歩き方

増補改訂版 グーグル・アドセンスの歩き方

と、いうわけでとりあえず今日、図書館で見つけたこの本を読んでみましたが、これは「グーグル・アドセンス」の始めたい人向けの本でした(って、書名がそのままじゃんね)。

サイト開設のところから手取り足取り、細かく指南してくれるので、本の通りに進めていけばとりあえず形の整ったものができそうな感じ。

料理のレシピ本のごとく、淡々とプロセスが説明してあります。
もちろん、成功事例は載せてあるけれど、妙に読者に期待をもたせて煽ってないところに、書き手の良心を感じました。

コンテンツの構想はあっても、どこから手をつけたらいいのか分からない人にはオススメだと思います。


...ところで、グーグル・アドセンスってそんなに儲かるのですか? 誰か教えて。