降れば土砂降り

万年肩こり。読書と映画と語学が大好き。着物について勉強中。

「これだけで」肩こりを治す本あれこれ

巷には肩こり(腰痛もろもろ)を治すための本が溢れている。
ちょっと大きめの書店に行って、「健康」のカテゴリの棚を見ていたらめまいがするくらい。

そしてその中でも誘惑が大きいのが「一日10分**をするだけで治る」系のハウツー本。
「そんな虫のいい話があるわけがない」
「かれこれ20年ものの肩こりが」
「一日10分のアレで」
「治るわけが...」
「ない...」
と思いつつ、誘惑に負けて毎回手に取ってしまう。
序章から第1章くらいは、整体師かスポーツトレーナーを生業とする著者の来歴(自分も肩こり、腰痛持ちだった云々)に続き、自分のメソッドでこんなに多くの人を治した武勇伝が続くので、本題の治し方に入るまでなかなか長い。
しかも、立ち読みで終わらせないようにするためか、肝心のところはしっかり読み込まないと分からない文章構成になっている。
...つい真剣に読み込んで、気がつくと首や肩が凝っている。
その本を読む前のほうが痛くはなかった、てな具合になってしまうのだった。やれやれ。

1日10分歩き方を変えるだけでしつこい肩こりが消える本

1日10分歩き方を変えるだけでしつこい肩こりが消える本

1日30秒足を振るだけでしぶとい腰痛が消える本

1日30秒足を振るだけでしぶとい腰痛が消える本