降れば土砂降り

万年肩こり。読書と映画と語学が大好き。着物について勉強中。

着付け教室に通い始めました

出来心で着付け教室に通うことになりました。
いくつか教室の見学をしたり、電話で問い合わせしたりして、いちばんビビッと来た教室です。

・先生が放任主義であまり細かく口出ししてなかった。
・先生の口からダメ出しの言葉を一つも聞かなかった。
・生徒さんたちが黙々と自分の着付けに専念していた。
・でも雰囲気はなんとなーく和やか。

わたしがいいな、と思ったくらいだからか人気のある教室らしく、空席待ちと言われましたが「待つわ!いつまでも!」という前のめりな気持ちでいたのが奏功したか、キャンセルが出たので今月から通えることになりました。やったぁ。

見学のときに感じた雰囲気に間違いはなく、先生(キツめの美人。好みのタイプ)は感じの良い方でした。
ど素人相手の最初の授業は長襦袢や着物の畳方だけで終わるという教室もあるみたいですが、説明しながらいきなりちゃっちゃと着付けてくださり、一人でキャッキャと喜んでいたら「じゃ脱いで、自分で着て」というやり方。あとはもたもたしてたら後ろから忍び寄って助けてくれる方式。女神かよ。

立派な着物を持ってこられている人もいるなか、格もルールもまったく知らない超初心者が安物をもっていったのに、それに対してなにも言われなかったのもありがたかったです。

しばらく楽しく通えそうです。